ニューアルバム 2023年1月27日

アルバムを見る

ファミリー・ファーム・ツアーの実施

28-06-2024フランス - モンタルギスムジケア・フェスティバル
28-06-2024
フランス - モンタルギス
ムジケア・フェスティバル

05-07-2024FR - COGNACコニャック・ブルース・パッション・フェスティバル
05-07-2024
FR - COGNAC
コニャック・ブルース・パッション・フェスティバル

06-07-2024FR - ベルフォートユーロケエンヌ・フェスティバル
06-07-2024
FR - ベルフォート
ユーロケエンヌ・フェスティバル

10-07-2024FR - ヴィトロールジャルダン・ソノール・フェスティバル
10-07-2024
FR - ヴィトロール
ジャルダン・ソノール・フェスティバル

18-07-2024フランス - サン・ジュリアン・アン・ジュネーブギター・アンサンブル・フェスティバル
18-07-2024
フランス - サン・ジュリアン・アン・ジュネーブ
ギター・アンサンブル・フェスティバル

04-08-2024フランス - クロゾンフェスティバル・デュ・ブット・デュ・モンド
04-08-2024
フランス - クロゾン
フェスティバル・デュ・ブット・デュ・モンド

22-08-2024アン・ブラウ・エ・サン=ルイブラックバス祭り
22-08-2024
アン・ブラウ・エ・サン=ルイ
ブラックバス祭り

23-08-2024FR - MONTPELLIERパルマローザ・フェスティバル
23-08-2024
FR - MONTPELLIER
パルマローザ・フェスティバル

24-08-2024FR - レグナフェスティバル・レ・グール・ド・ボワ
24-08-2024
FR - レグナ
フェスティバル・レ・グール・ド・ボワ

25-08-2024JA - シャトー・ゴンティエV&Bフェスティバル
25-08-2024
JA - シャトー・ゴンティエ
V&Bフェスティバル

01-11-2024モン・ド・マルサンカフェ・ミュージック - SOLD OUT
01-11-2024
モン・ド・マルサン
カフェ・ミュージック - SOLD OUT

全日程を見る

T.I.C

私たちは、2008年にモン・ド・マルサンでローラン(ギター、ボーカル)とマチュー(ドラムス)によって結成されたロック・ブルース・ギター/ドラムデュオ、THE INSPECTOR CLUZO(インスペクター・クルゾ)です。

私たちは30年前、リセ・ヴィクトル・デュルイの数学教室のベンチで出会い、その後基礎物理学を学びました。それ以来、私たちは音楽的にも農業的にも、一度も離れたことはありません。私たちは30年以上一緒に演奏しており、マルチ楽器奏者(ローランはテナーサックス、マチューはトランペット)で、7歳から音楽を始めたんだ。2008年以来、TICは67カ国において1200回以上の公演を行い、完全に自主制作でLollapaloozaチリやブラジル、Oppikopiフェスティバル(南アフリカ)やFujirock(日本)、Pentaport(韓国)などのフェスティバルに加え、インド、中国、ペルーやマダガスカルでも演奏してきました。

確かに、私たちは常に独立採算制をとってきました。私たちはメジャーや多国籍企業を敵視しているわけではありませんが、このシステムは地球の北と南の平等という理由からも、明らかな環境上の理由からも、もはや21世紀には適合していないと考えています。今ある場所で、今あるものを使って、自分自身の経済的、社会的、環境的な豊かさを生み出すことが、この21世紀にとってより適切であると思われるのです。そのため、私たちは制作会社「F. the Bass player Records」と「Ter à Terre」を通じて、自分たちのマネジメントとレーベルを運営しています。また、ナタリー(レーベル管理/マネジメントと農場)と共に自分たちで管理するEショップも持っています。だから、音楽活動の資金を調達する手段は限られているが、それで満足なのだ。そのおかげで、15年間で9枚のアルバムをリリースし、世界中をツアーで回ることができました。このウェブサイトでアルバムやTシャツを注文すると、私たちから直接注文することになり、私たちの活動に資金を提供することになります。それは、世界中を旅して得た強い信念に導かれた道であり、冒険なのです。自分たちが正しいとは思っていないが、この道は私たちの願望と一致しており、それがうまくいくことを示したいと思っている。

この10年間は、Les Landes de GascogneのMont-de-Marsanの近くにあるLOU CASSEという農場で、農民として働いています。地球温暖化が進む今日、環境変化の最前線であるアグロエコロジー農場「LOU CASSE」では、これを主な活動としています。私たちの農場は、食料の自給自足と、地元の人々のための生産を可能にしています。私たちの音楽は完全にオーガニックで、コンサートでは100%ライブで演奏し、トラックや録音済みのテープは存在しません。ブルースのように、できるだけ自然でオーガニックでありたいという思いがあります。

アディシャッツ -TIC

 

Farm
Lou Casse

LOU CASSE農園(ガスコン語で樫の木)は、15haの農園が一体となっています。トゥールーズ獣医大学(ENVT)のJean-Luc Guérin教授とMarc Dufumier教授(アグロエコロジーの世界的パイオニア)は、これを「育種と農学が相互に統合されたオートアーク・アグロエコロジー農場」と表現しています。

私たちは9ヘクタールの畑で、自家採種と古い種を使った「人口」と呼ばれる穀物、トウモロコシと小麦を生産しています。アドゥールの赤いトウモロコシは、毎年この目的のために畑を作り、手作業で辛抱強く選別し、「赤い」小麦は、パン用の高品質の小麦、パーマカルチャーで1ヘクタールのマーケットガーデン(ここでも自由で古い種のみを使用)用の優れたわら、ランデス羊の餌になるものなどを生産しています。アグロエコロジーの先駆者であり、私たちの農業のベッドサイド本「一本の藁の革命」の著者である日本の福岡正人氏が行ったように、麦藁も穀物畑に戻すのである。

また、アキテーヌ地方品種保存協会と共同で、地元の古いガスコン種やランデス種の研究にも取り組んでいます。絶滅危惧種に指定されている荒野のマガンは、私たちが最後に飼育している81羽の放し飼い農家(鳥インフルエンザが6回流行しても、自然に外で飼育していました)、とても丈夫なガスコン鶏、ランデス羊、ランデス七面鳥(全部で70羽しか残っていないので消滅しています)、もちろん、ピレネー・ビリー・ゴートのミゲルやガスコン豚イゴールも飼育しています。これらの種はすべてこの地域に適応しており、私たちは農学に育種を、またその逆も含めて総合的に取り組んでいます。つまり、動物と植物(畑、市場園芸、牧草地)の間の相互作用を最大限に発展させ、それぞれの動物が種ごとに異なる補完的な貢献を農学にもたらすということです。特に施肥と掃除は、化学製品をまったく使わないで済むということです。

私たちは、アグロエコロジー(無農薬・無公害)、生物多様性の創出、気候変動との戦い、そして地元の品種の動物の不可欠な貢献、絶滅からの保護、集約的機械化の代替なしには、未来の農業を築くことはできないだろうと考えています。

それは、21世紀の牧畜を極限まで推し進めたようなもので、今日の技術、緑肥で、大気中の窒素を最大限固定し、炭素を最大限土壌に閉じ込め、地球温暖化に対して自然かつ効果的に対抗するものである。私たちは、オーガニックというラベルを含め、あらゆる形式のラベルを拒否しています。これは、私たちにとって十分に不自然であり、エコロジーに対する生産主義的なビジョンであると同時に、化学製品を一切使用しないためでもあるのです。特にローランの名付け親であるマルセル・デュボスクは、何世代にもわたってデュボスク家の知識をすべて私たちに伝え、ベンケで「ソートレブル」という家族経営の農場を経営してくれました。

「ルー・カッセは、今あるもの、今いる場所で、完全な自律性を保ちながら、一つの区画で、無農薬、動物、アグロ・エコロジカル技術のみで可能な限りのものを生産する、より進化したレプリカです。

動物たちは、農場で生産されたものだけを食べ、畑を掃除し、肥料を与えています。年間20〜30トンのトウモロコシ、6トンの小麦を生産し、3家族を一年中養い(野菜と肉)、年間平均1万食以上を直接販売しています(野菜と肉はもちろん、オーガニックより)。特に毎週土曜日の朝、モンドマルサン市場で販売していますが、他の販売所や農場で直接販売することもあります。

この農場では、ガスコーニュ地方で伝統的に「アユデール」と呼ばれる、隣人と一緒に行うトウモロコシ狩りなどの相互扶助と地域の相乗効果の恩恵を受けています。農作業優先でツアーを断られることもありますが、必要な時にツアーに行けるご近所さんや助け合いがあります。特に地球温暖化が叫ばれている今、農業を優先しています。私たちは、クラスや学校のグループ、治療目的の若者(8年前からサント・アンヌ病院のティーンエイジャー)などを多く受け入れ、土地で働くことがすべての人にとって有益で健康的であることを確信しています。10年来のパートナーであるスタッド・モントワ・ラグビー(プロ2部リーグ)は、定期的に農作業を通じて農場にトレーニングに来ています。

私たちの目標は、「ロックファーマーズ・スクール」を設立することです。この学校では、私たちの仕事と経験を伝え、気候変動に立ち向かう未来の農民を育成します。今後数十年の間に、誰もが土地の仕事に独断と偏見なしに袖を通す必要があると、私たちは確信しているからです。このグループは、過去15年間、世界中を旅したおかげで、グローバリゼーションがもたらす経済的、人的、地政学的、環境的ダメージを目の当たりにすることができました。私たちは、フィールドでの事実と実証的な実験を通して行動することで、自然と結びついた土地で働くことを決めました。私たちのささやかな貢献が、このような多くの取り組みが、今後、人類に待ち受ける大きな激変に立ち向かうために必要とされることを期待しています。私たちは、すべての基本的で安易な信念とはかけ離れた、具体的で実証された基盤の上で、若い世代が聖火を手にする手助けができればと願っています。

アディシャッツ - ルー・カッセ・ファーム

F***
The Bass Player
Records

F.the bass player Recordsは、私たちが9枚のアルバムをリリースしてきたレーベルの名前です。常に自分たちでやりたいという思いがあり、何よりも自己資金で自立し、自分たちのいる場所で、自分たちの持っているものを使って、自分たちで富を築きたいという思いがあるのです。過去には、Sharon Jones& theDapkingsDaptone recordsのバンド、Fishboneなどのアルバムのリリースや作業を行いました。

ローラン、ナタリー、マチューの3人は、農園と同じようにラベルにも携わっています。それは、グローバルなアプローチです。

それは、私たちの経営体制でもあります。私たちは自社でE-shopを運営しており(注文の準備と発送はナタリー)、注文を紛失したときに電話をするのはナタリーであることが多いのです。

現在では20カ国、20人以上のプレス担当者がレーベルとグループのために働いており、皆、ローカルな普遍性という同じ価値観を共有する親しい友人たちです。長年にわたるグループへの働きかけに感謝します。自主制作で、現地で資金を調達し、グローバル化したレーベルです。構築するのに15年以上かかりましたが、今もなお構築中です25年前、サンピエール・デュ・モン、モーリス・ラクロウツ爺さんの家から始まる...。

ミゲルはレーベルの総責任者であり...農場の責任者であり、バンドのマネージャーでもある。

アディシャッツ - ミゲル